各信号停車

こんちワ池田和弥です。 私的な事をのんびりと書いていきます。

杏仁

こんちワ。

先日スーパーの見切り品カートで入浴剤や石鹸が山積みになっていたので、何があるのか漁ってみたら、「杏仁」と書いてある袋を見かけた。

中華料理屋に行けば、ほぼ杏仁豆腐を頼む人間からしたら必須の物かと思い、よくよく見てみると、


「きょうにん」と書かれていた…。


で「杏仁~きょうにん」とは

http://www.hal.msn.to/kankaisetu/chuyaku033.html
杏(アンズ、英名:アプリコット)の、種子を乾燥したものが生薬の「杏仁」である。

βカロテンやカリウム、クエン酸を多く含み、風邪、喘息、便秘、疲労回復、貧血予防、食欲増進などにも効果がある。
また、高血圧予防や高い抗酸化作用が期待される。
ただし、アンズの種子(仁)には猛毒の遊離シアンや青酸配糖体アミグダリン約3%が含まれ、そのまま20~40粒ほどを食べると呼吸中枢を麻痩させて窒息死する場合がある。
要は青梅と同じ毒で、青酸カリもこれに近いものです。
そして、杏仁豆腐は、種子の茶色い薄皮を取り除いた白い種肉の部分「杏霜」を寒天で固めたものである。


普通に食べる範囲内で死ぬ事は先ず無いですね…
でも色々効果があるのね

杏仁豆腐が何故薬っぽい風味なのかと思っていたけど、漢方「杏仁」の仲間だというのは個人的には意外だった。

杏仁豆腐が食いたくなってきた。
それでは、また。

 ~池田和弥~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kzyx.blog109.fc2.com/tb.php/238-cdda510c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad