各信号停車

こんちワ池田和弥です。 私的な事をのんびりと書いていきます。

幽霊船

こんちワ。

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20120326-OHT1T00036.htm
カナダ沖の太平洋で日本産の幽霊船が発見されたようです。
記事は続きを読むを押してください。


単純に爆破させて、海底に沈めて漁礁にすればいいというほど簡単な話ではないみたいです。
相当量の瓦礫が太平洋上を彷徨っている事を考えれば、早い内に策を講じないと、後々大きな国際問題になりそう。

先日ニュースで「震災瓦礫が、早ければ2012年~13年にハワイ、2015年頃には北米大陸の西海岸に到達し、その後は海流に乗って北太平洋ゴミベルトに9割強が流れ込む可能性がある」と聞いたけど、今回はそれ以上に早く到達してしまった様子。
船で余り壊れていなかったから早く到達してしまったのだろか?

2010090122-3.jpg
プラスチックが蓄積する可能性がある世界各地の地域を示すコンピューターモデルのデータ。
Image:yNikolai Maximenko/ University of Hawii.
やはり海流の少ない地域に流れ込みそのまま留まってしまう。

それでは。

 ~池田和弥です~ 続きを読む
スポンサーサイト

月木金

こんちワ。

http://www.rbbtoday.com/article/2012/03/26/87631.html
今月の13日頃は金星と木星が見かけ上かなり接近していましたが、昨晩は、日没直後に金星-月-木星の順番に並んでいました。
同時刻に東の空の高い所に今月6日に地球に最接近していた火星が見えてました。
少し遅い時間(20:00前後)になると土星も出てきてくれます。

なお写真は、仕事帰りに適当に撮ったものです。ブレが酷い…
大体時間は19:50頃。
DSCF2525.jpg DSCF2526.jpg
DSCF2527.jpg
美祢のプチ夜景も…

月-金星-木星の一直線の事は知っていたけど、今日だと言う事をすっかり失念していて、さらに仕事が自分の手際の悪さで2度手間3度手間になっていたので、見つけた時はちょっと嬉しかった。

 ~池田和弥です~

海図を見てみよう

こんちワ。

陸上の地形図や空中写真は国土地理院のサイトから見れるのに(http://www.gsi.go.jp/tizu-kutyu.html) 海図を無料で見られるサイトはないものか、学生の時からずっと探していて、このたびやっと見つけました。
http://mar-nets.com/ みんなの海図

昨年の震災以降、海図が注目されているようで、需要の高まりに応じてか、昨年4月に開設したみたいです。

地図好きとしての長年の思いが叶い、思わず登録してしまった(笑)

厳密には海底地形図なのですが、水平線は真っ平で海底がどうなってるかなんて普通の人が知ることは殆ど無いので、結構面白いです。
意外と数十mでの起伏が多い事に驚いた、しかもかなり狭い海域でそれが顕著。


レジャー用なので詳細ではないですが、それでも等深線が20m間隔(5万分の1と同規格)と意外と高スペック。

大学の時に、ゼミで立体地図(積層模型)を作る機会があったのだけど、夏休みで自分は参加できなかったので、今度時間があった時に簡単な海域でも作ってみようかな。

それでは、しゃらばーい。

 ~池田和弥です~

就活のツケ

早期離職も、若年の雇用悪化
http://mainichi.jp/photo/news/20120320k0000m010058000c.html

こんちワ。
まさしく該当者な池田です。

まあ学生の時に何も考えずに就活していたツケが就職4ヶ月後に出たのが自分の事例でした。
2か月のブランクで何とか再就職できて、何とか1年半働いているけど、人間として成長している実感が全くない…

ミスマッチはどうやっても起こるし、避けようがない。
大企業志向と言われても、どこかで名前を聞いた事ある企業に目が行くのは当たり前だし、そのような会社と地方の名の知られていない中小企業が並んでブースを設けても、名の知られている所に流れるのが当然な訳で。

敵を知り己を知るのが最良なんだけど、己を知るのが一番難しい。

働く気のない人はどうでもいいとして、新卒者もだけど早期離職者や再就職組の救済もどうにかしてもらいたいものです。

ツケは必ずいづれ払うことになります、踏み倒せないみたいです。
と言う事を、浪人した時と就職でうまくいったように見えてコケたことで身をもって学びました。

それでは。

 ~池田和弥です~

沈水カルスト

こんちワ。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-188767-storytopic-1.html

石垣島名蔵湾で大規模な沈水カルストがみつかったそうです。

---

岡山大学大学院教育学研究科の菅浩伸教授(自然地理学・地形学)らの研究グループは16日、石垣島名蔵湾中央部に大規模な沈水カルスト地形を発見したと発表した。
カルスト地形は石灰岩地域などで地下水系によって形成される地形。
今回発見された沈水カルスト地形は名蔵湾のほぼ全域に広がっており、日本最大級のものとなる。
菅教授らは2011年8月、サンゴ礁の防波堤としての役割を調べるために石垣島名蔵湾中央部で海底地形の三次元測量を実施。
その際、沈水ドリーネ(洞窟・くぼ地)群や沈水カルスト円すい丘などの沈水カルスト地形や氷期に発達した河川跡を発見した。
沈水カルスト地形の多くは陸上に出たカルスト地形を基に海底部分がカルストだと認識される。
今回のように完全に沈水したカルスト地形が発見され、沿岸域への広がりについて議論されることは世界でも初めての事例という。
菅教授は「非常に見事なカルスト地形が見つかり、関わった研究者もみんな驚いている。
将来的には教科書に出せるものなのではないか」と話した。

---

どこかで見覚えのある名前だと思ったら、参考文献10件程度しかない自分の卒論に、菅教授の論文・著書が3本入っていた。

カルストと入力するつもりが、なぜかカルデラになってしまった。
似て非なるもの。

DSCF0176.jpg DSCM00149.jpg
<左>カルデラ-阿蘇草千里(親が数年前に行った阿蘇の写真を流用)
<右>カルスト-秋吉台帰り水(ウバーレ)

それでは。

 ~池田和弥です~

ダイヤ改正を機に思った事

こんちワ。

■40年余の歴史に幕、「日本海」終着の青森駅に
(読売新聞 - 03月17日 18:16)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120317-OYT1T00609.htm
新幹線の100系と300系の廃止は色々と出てるけど、日本海はあまり出てきてなかった。

更にマニアックになると、寝台急行「きたぐに」(大阪~新潟)も同日を以て廃止になりました。
よって現存する急行は「はまなす」(青森~札幌)のみ。
それも北海道新幹線の開業に伴って無くなるだろう…

寝台特急は「北斗星・カシオペア」(上野~東北線経由~札幌)と「あけぼの」(上野~羽越線経由~青森)の2本の2.5往復。
何故あけぼのが残っているか不思議で仕様が無い…
母は、「300系の2階建車両」と言っていた
多分300系車両廃止のニュースの時に100系2階建て車両が出てきたので混ったのだろう。


この前、時刻表関連のサイトを彼是漁っていて、面白い物を見つけました。
まだ山陽本線が特急街道だった、1974年度(翌年に博多延伸)の山陽本線~九州方面の物を少し整理させてみると、
なんと、少なくとも寝台特急が26編成・昼間特急が23編成も走っていた。
急行まで含めたらその倍はあるので諦めました。

昼間特急も現在みたいな短中距離ではなくて、殆どが関西・岡山~下関・九州という長距離ばかり。
まあ短中距離は急行が担っていた事もありますが

やはり新幹線延伸に加え、国鉄民営化・分社化が長距離列車(鈍行列車を含め)が一気に衰退したのでしょう。


貨物では札幌~福岡(北陸経由、約2150㎞)等、超長距離が結構あるから、時刻表見てると、案外面白そう。
海外の時刻表も見たいけど、図書館で扱っているのかな?


今日休み、明日出勤、明後日休みで来週1週間は体がずっとボケそう。
明日と水曜は気合い入れて仕事にかからねば。
そして、少ない休みを有効に使いたい。
それでは。

 ~池田和弥です~

宏観異常現象?

こんちワ。

http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000001203150001
萩一帯で大音響と振動

2012年3月14日午後7時40分ごろ、萩市一帯で、ドンという地震のような大きな音と窓を揺らす振動が2度あった。
萩市消防本部などによると、震度計に反応がないことから何らかの空気振動と推測される。
萩市や萩署、下関地方気象台などには市民らから問い合わせが相次いだ。
気象台によると、目立った気象の変化は観測されていない。
関係者によると、戦闘攻撃機などが超音速で低空飛行すると、衝撃波によって振動や音が起きることがある。


今日の朝刊に載っていたけど、それ以外では聞いてないから、何だったのだろうか…

戦闘機が低空飛んでいれば誰かが気づくはずだし、採石場が近ければ発破する時にこのような現状は起こるけど。
萩市一帯と言う表記も謎、何処の辺りだ…

それでは。

 ~池田和弥です~

雛祭

こんちワ。

2月27日~3月11日まで地元の商店街でひな祭りをしているので、見て来ました。
http://www7.ocn.ne.jp/~sanyocci/ohinasama/MAPohinasama.pdf
注:PDF形式です。

DSCF2483.jpg
ポスター
DSCF2486.jpg
昭和61年の豪華八段雛
DSCF2487.jpg
土間にズラリ
DSCF2489.jpg

DSCF2491.jpg
酒蔵の蔵開きで粕のつめ放題の行列
DSCF2492.jpg
昭和18年の羽子板
DSCF2493.jpg DSCF2494.jpg

以下は雛流しの光景
DSCF2498.jpg DSCF2500.jpg
DSCF2502.jpg DSCF2503.jpg
DSCF2504.jpg


厚狭図書館の雛壇
DSCF2509.jpg
組み木の雛
DSCF2510.jpg DSCF2511.jpg
さげもん
DSCF2512.jpg
昭和11年のお雛様


郡上八幡のひな祭りは凄い事になっています。
http://www.gujohachiman.com/haku/H23hukuyosehina.html
雛人形達が雛壇から飛び出して、五人囃子やバンド組んだり、三人官女が女子会したり、雄雛が雌雛をナンパしたり、麻雀したり…

ただ並べられているだけなのに、相当ストレスが溜まるんだろうね(笑)…

~池田和弥です~

夢か現か

こんちワ。

http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20120229.html
先週の『ためしてガッテン』で寝相や寝言についてしていましたが、それと連動してか?、一昨日の朝、自分にも奇妙な現象が起こってしまいました。

衣類を後ろ前か裏表か逆に着ていると言う事を誰かに指摘されて着替える、
という夢だったのですが…

なぜか実際に着替えてしまい、その最中に目が覚めてしまった…

番組見た後なので、笑うに笑えない不気味な現象でした。


幼少期から寝相の悪さは結構ひどく、寝た時と起きた時の体の向きが180°違うのは日常茶飯事だったし、
小学校中学年の時は、隣の部屋の時計をずっと眺めていた事もあったらしい…
さすがに中学生になった位からはそんなにひどくは無かったけど、真冬なのに布団蹴飛ばす事は今でも時々ある。


今度ICレコーダーで一晩中録音してみようかな…
自分が寝ているときの事なんか自分じゃあわからないし…

それでは、おやすみ。

 ~池田和弥です~

反抗期

こんちワ。

学生の47%が「経験ない」。反抗期を経験しないと、人間関係がうまくいかない?
http://student.mynavi.jp/freshers/column/2012/03/post_156.html

自分の場合、高校までは自分がやりたいと思った事に親がNOを突き付けた事が余りないので、そんなに反抗をした事が無い。

むしろ反抗するようになったのは、独り暮らしを経て、社会人になって実家に戻ってからかもしれない…

高校までは精々家庭と学校という形でしか社会と接点を持っていなかったので、親と意見が相違する事は無かった。
けど、進学で実家を飛び出て、自分であれやこれやしないといけない様になると、否応無しに社会との接点が多くなる。
さらに社会人になって、自分で給料を稼ぐ様になると、親の言う事が正しい(合理的)とは言えない事に段々気付いてくる。

だからと言って人間関係で不便をきたした事は無いし、中高生の反抗期なんて「わがまま」の延長だと思うけど…

それでは。

 ~池田和弥です~

FC2Ad