各信号停車

こんちワ池田和弥です。 私的な事をのんびりと書いていきます。

20180131皆既月食の予告

こんちワ。

https://www.nao.ac.jp/astro/feature/lunar-eclipse20180131/
http://www.astroarts.co.jp/special/20180131lunar_eclipse/index-j.shtml?ref=side
明日1月31日(水)の夜は皆既月蝕です。

月食は部分食、半影食を含めると年に2~3回は発生しているのですが、日本全域でフルサイズで見られるのは、2015年4月4日以来となります。
ただし前回は皆既の時間が僅か12分だったので、長時間の皆既食は2014年10月8日の1時間以来となります。

天気予報は、全国的に曇りがち日本海側は雪になっているようなので、観望できる地域はかなり限られるようです。
そしてかなり寒いですので防寒をきっちりしてから観望してください。

僕も晴れていれば山口県立博物館の「皆既月食を見る会」に行きたいのですが、今回は天気が曇りないしは雨か雪になるようなので、諦めようと思います…


月蝕のタイムテーブル
01月31日20:48:03、部分食開始
01月31日21:51:19、皆既食開始
01月31日22:29:50、食の最大(食分1.321)
01月31日23:08:20、皆既食終了
02月01日00:11:35、部分食終了

2018年7月28日にも皆既月食があり、皆既食の時間が04:30~06:13(1時間40分強)と最長クラスですが、日の出の時刻とも重なるし、東日本では皆既食になる前に月が沈んでしまいます。
その次に日本で見られる皆既食は2021年5月26日ですが、西日本では部分食が始まった状態で月出になります。
なので今回見逃すと日本でフルサイズで皆既月食を見るには2022年11月8日まで待つ事になります。

それでは、お先に勉強させていただきました。

 池田和弥です
スポンサーサイト

今回のふたご座流星群は観ませんが…

こんちワ。

こんばんは、ふたご座流星群の極大を迎えているようです。
極大の時刻は12月14日15時(JST)、13日夜の月齢が今晩が24.6、14日夜の月齢が25.6なので月明かりもほぼ気にせず観測できそうですが、観られる方は寒さ対策は厳重にしておきたいですね。

4年前に秋吉台でふたご座流星群を見たことがありますが、余りの寒さに1時間半で断念したことがありました(笑)
その1時間半でも10個はみれましたが。
今年は明日も明後日も仕事ですし、いかんせん寒いので見るつもりはありません(爆)

Screenshot_20171213-202004.jpg
20時過ぎ時点でのふたご座流星群の放射点。

Screenshot_20171213-203101.jpg
明日未明には月と木星が見かけ上最接近します。

―――――

2018年の天文イベントの一覧を簡単に載せてみます。
まあ自分自身の備忘録ですwww

01月02日 スーパームーン
01月04日 しぶんき座流星群極大(03時、月齢17.2、10~30個/h)
01月31日 皆既月食(皆既開始21:54~皆既終了23:08、最大22:30食分1.321)
04月23日 4月こと座流星群極大(05時、月齢7.4、10個/h)
07月28日 皆既月食(皆既開始04:30~皆既終了06:13、最大05:21食分1.613)
07月31日 火星の最接近(地球より5576万km、2003年以来の大接近)
08月13日 ペルセウス座流星群極大(10時、月齢2.1、30~60個/h)
10月08日 10月りゅう座流星群極大(09時、月齢0.3、5個/h※)
10月22日 オリオン座流星群極大(02時、月齢13.3、5~15個/h)
11月18日 しし座流星群極大(08時、月齢10.8、5~10個/h)
12月14日 ふたご座流星群極大(22時、月齢7.2、40~80個/h)
なお2019年1月6日には部分日食が全国的に見られます。

※の10月りゅう座流星群ですが、母天体のジャコビニ彗星が9月10日に近日点を通過するため、予想より多く出現する可能性があるそうです。

参考
国立天文台、つるちゃんのプラネタリウム、AstroArts、せんだい宇宙館

それでは、お先に勉強させていただきました。

 池田和弥

中秋の月と夕日

こんちワ。

先日10月4日が旧暦の8月15日の中秋節でしたので、やや雲がかかっていた状況でしたが月の写真を撮りました。
今年は「中秋の名月=満月」ではなかったです。
IMG_5470.jpg
IMG_5471.jpg
IMG_5473.jpg

こちらは昨日、関門橋に日が沈む光景が見れたので、それを撮影しました。
IMG_5479.jpg
IMG_5480.jpg
IMG_5483.jpg
Screenshot_20171008-180221.jpg
日の出日の入りマップによると、小野田の刈屋漁港~津布田海岸で見られるようです。
刈屋以南でみれないのは、九州側の陸地が邪魔をする格好になってしまいます。
時期としては、刈屋漁港を秋分の頃にスタートして、少しずつ北上し、冬至の頃に津布田海岸で折り返して、春分の頃に刈屋漁港で見納めとなります。

それでは、お先に勉強させていただきました。

 池田和弥

ペルセウス座流星群2016予告

こんちワ。

8月に突入してしまいました。

去年に続いて今年もペルセウス座流星群を観に行こうかと考えております。
http://kzyx.blog109.fc2.com/blog-entry-417.html

http://www2.astroarts.co.jp/special/2016perseids/index-j.shtml
今年は極大が8月12日(金)21時頃です。
山口市でのその日の月の入りが翌13日0:40、翌朝の日の出が5:34です。
観るとしたら日付が変わってからが良いかもしれません。

11日夜~12日朝、月入24:00、日出05:33
12日夜~13日朝、月入00:40、日出05:34
13日夜~14日朝、月入01:25、日出05:35

あとは天気次第です。

それでは、お先に勉強させていただきました。

 池田和弥

プラ「レア」リウム

こんちワ。

http://dot.asahi.com/dot/2016070100278.html 全国33カ所の“レア”なプラネタリウム「プラ“レア”リウム」とは?
http://www.am12.jp/event/other/other_h27/pla-rare33.html 全国プラ「レア」リウム33箇所巡り

http://kzyx.blog109.fc2.com/blog-entry-178.html 自分の過去の記事

プラネタリウムについては以前書いたことあるので、上記リンクより見てください。

今回はレアなプラネタリウム『プラ「レア」リウム』を紹介する記事に地元から山陽小野田市青年の家天文館と宇部市勤労青少年会館視聴覚教育センターの2か所も入っていたのでブログにしてみました(笑)ですが、この2か所が国産投影機の最古と2番目の古さだそうです。
山陽小野田市青年の家の投影機は1966年4月に製造された国産メーカーの投影機で国内で現存する最古のもので、宇部市勤労青少年会館のものはその1年後に製造された、2番目の古さのものです。
他にレアなプラネタリウムでは寺に併設されたり船にあったりとい色々面白いプラネタリウムが紹介されています。

青年の家の天文館は、自分が小学4年の時に1年間星の教室に家族で通った事があり、それがきっかけで星に興味を持った思い出があります。
その年が百武彗星やヘールボップ彗星の接近した年でもあるのですが… かれこれ20年も前です。

IMG_3577.jpg
山陽小野田市青年の家天文館
IMG_3573.jpg
宇部市勤労青少年会館
ここの最上階の視聴覚教育センターにプラネタリウムがあります。

それでは、お先に勉強させていただきました。

 池田和弥

FC2Ad